〈SRF〉GHOウィーン公演 シューマン2番、イタリア(2019年1月)

Gewandhaus-Romantiker mit Andris Nelsons
SRF2 Kultur(スイス)
2019年6月9日 22:06~

2019年1月29日 ウィーン、楽友協会
アンドリス・ネルソンス指揮
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

メンデルスゾーン:序曲「ルイ・ブラス」
シューマン:交響曲第2番
メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」

日本公演の余韻が残る中、ネルソンスとゲヴァントハウス管による今年1月のヨーロッパツアーの録音が放送される。同じプログラムが本拠地でも演奏されているが(→〈MDR Kultur〉GHO シューマン2番、イタリア、ルイ・ブラス(2019年1月))、今回の放送はウィーン公演で、2月に既にORFでも放送済(→〈ORF〉GHOウィーン公演 シューマン2番、イタリア(2019年1月))。
ネルソンスのブルックナーやブラームスに色々思うところがあっても、アンコールで演奏された「ルイ・ブラス」(→〈GHO〉2019年日本公演 ショスタコVn協1番、マーラー歌曲、ルイ・ブラス)にはさすがのGHOを感じたという人が結構いたようだが、その「ルイ・ブラス」もプログラムに入っている。イタリアとシュー2も爽やかで繊細な、とても魅力的な演奏で、このコンビとこの時代の相性の良さを感じさせる。

放送後30日間アーカイブありとのこと。

この記事へのコメント